50代に突入したおやじが生き物飼育 笑いあり、泣きあり、失敗ありの飼育日記です

2017/031234567891011121314151617181920212223242526272829302017/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おひさ~のお休みです!
今日は、以前から嫁、娘とともにベランダの清掃&虫いじりということで、午前中、ベランダの清掃を3人で終え、昼から、娘と一緒にまず、前回の休日にヒルス♀取出で、ほぼ、坊主を覚悟していたものの割出をしました。

坊主だと思っていたので、娘にケースを空けさせました。










白くまーるい物が1つ こ・ろ・んと!

そうです! なんと卵が! いそいでプリンカップにマットを詰め、娘にスプーンで移させ、「まだ、あるはず! 探してみよう♪」

しかし、なかなか出てこず、半分くらい見終わったころに、ようやく2個目が…
1個目と同じような白い7mm位の大きさの卵です。
その後は、立て続けに! 5個目でようやく娘が割出し、ごきげんで名前をつけてました。

結局6卵をゲットしましたが、かなり少ないのでは
それと、♀を取り出して2週間が経っているのですが、まだ、真っ白な卵です。。。 まさか無精卵では?
ヒルスってどの位で孵化するんでしょ?

去年の国カブも、最初の採卵は無精卵だったようで、孵化しませんでした。

ラッキーだったかどうかは、まだ、先にわかりそうですが、とにかく、今日は6卵ゲット  です
スポンサーサイト
ヒルス玉1
昨日採卵したヒルス 引っ張ります→あきらめてただけに当然です~

6玉採卵したと昨日の記事では書きましたが、映ってるのは3玉です???
あとの3玉は、娘と協議の結果、マットを上からかけてやることに!
どちらが早く孵化するか競争だそうで(そもそも孵化するのか??)

とりあえず、あと2週間様子をみることにします

ヒルス玉2
ようやく出張中の記事も終え、追いついたと思ったのですが、昨日、記事をアップできず、また、遅れてしまいました。

さて、久しぶりの週末休みなので、クワカブ弄り+家族サービスに充てるべく計画をしていました。しかし、クワカブ弄りは、結局、大量発生したコバエの駆除に変わってしまい(泣)…

昨日、午前中、子供を幼稚園に連れて行き、その間に、ケース大に放置してあったマットから大量発生したコバエを駆除(ちょっと気持ちよかった?)方法は、ケースを大きなゴミ袋の中に入れ、ひっくり返してすぐに殺虫剤を プシューっと
国カブとフォレスターの中にもコバエが大量にいるのですが、国カブは蛹中ですので、今回はいじらないことに。フォレスターも中からは出てきてないので、そのまま放置!です。
オオ♂の中のコバエは手でパンと で、

その後、ヒルス6卵を入れたプリカを

ガバッ! と

 6ニョロ 全頭孵化おめでとう!
とりあえず、3頭ずつミニケースに移し、嫁が付箋にひらがなで(娘が読めるよう)「ひるす ふじさんからのこども 3ひき」と。
孵化して10日足らずですが、かなり大きくなっていました(私は見ていませんが、嫁と娘は孵化直後のニョロを見ています)。

このまま、羽化までいってほしい
ヒルス6
前回のマット交換から1ヶ月が経ちました。ミニケース2つに3頭ずつ詰め込まれていたヒルス達。ケース越しに大きくなった姿と、それと共に育ってきた大量の糞が確認されていました!
広い場所に移してやりたいのと、ミニケースを明け渡して欲しいので、今回は、中ケースに6頭(やっぱり狭いんじゃ。でも、スペースが…)入ってもらうことに。

6頭全部 順調(?)に大きくなっていました。
ヒルス7

もう、フォルスターのニョロは抜いたでしょう。嫁がいないので、食事用秤で体重測定しようと思ったのですが、糞をし出したのを見て思いとどまりました~。

また、1ヶ月後にマット交換をしようと思いますが、今度は大ケースでも小さいかも… どこに置こう(~~;)
7月19日にマット交換したヒルスですが、昨日から1頭ずっとマットの上に出てきています。動きも緩慢で潜りません。
外観的には特に異常なところはないのですが。

とりあえず、他のケースに隔離しています。
1頭だけなのですが…。他の子達と同じように成長してはいます。

冷やし25℃設定(大体実温度も25~26℃位)で、中ケースに6頭多頭飼育。
マットは、採卵の時から、三晃商会の「育成マット」を使ってます。

原因もですが、何よりこのままで良いのか、特別に何か対策を取った方が良いのかを教えていただきたいのですが…

国カブの時はこんな事はなかったと思うのですが。。。(見てなかっただけかもしれませんが)

よろしくお願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。