50代に突入したおやじが生き物飼育 笑いあり、泣きあり、失敗ありの飼育日記です

2007/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月31日現在の我が家の同居人です

古参から
 金魚 3匹 ペランダ
 ヤマトヌマエビ 2匹 ペランダ
 カブ 3匹 ポーチ
 クワ 3匹  〃
 オカヤド 4匹+4匹 玄関
 カミキリ 1匹 玄関
 カブ卵&幼虫 14個+1匹 ポーチ  です。
スポンサーサイト
娘が天神祭りですくってきた金魚が1匹☆になりました。
まだ、先住魚?とは一緒にはしていなかったのですが(水槽の掃除を全くしていないので、汚くて入れれない)。
金魚すくいの金魚はやはり弱いのか比較的短期で☆になってしまいます。
どちらにしても、近々水槽の大掃除をしなければ

現在、水槽には金魚2匹(先住)+ヤマトヌマエビ2匹がいます(いるはずです)。
仮のバケツには天神祭り産金魚が1匹います。
嫁さんの実家で、買ってきたカブのセットをしていると、どこからかカミキリムシ(ゴマダラカミキリ)が飛んできた。
それを見つけた娘が「つかまえて!」 「カミキリなんかどうするねん?」 「カミキリムシがいるねん」 最後は嫁さんの「この前、幼稚園から持って帰って来た本がカミキリムシの本やってん。帰って調べるから捕まえて」とのお告げでカミキリを我が家の一員として迎えることになりました。

帰って娘の本を見て判ったのですが、ゴマダラカミキリはリンゴを食べるらしいです。他はわかりませんが、とりあえずリンゴをあげ続けようということになりました。

カミキリを飼育ケース小(オカヤドの元住まい)にて飼うことになったので、余っているケースはゼロになりました。
オカヤドが来てから1週間 ようやく引越しです。飼育ケース特大をHPで見たみたいに2階建てにして広さを確保し、さらにそれを2つ用意しました(おかげで、カブクワは衣装ケースと飼育ケース小2個になってしまいましたが)。

オカヤドを大きい順に並べ、大きいほうから4匹を1つのケースに、小さいほうをもう1つのケースに入れました。

ようやく広々?とした場所で大いに遊び、私たちを癒してくれるでしょう。
オカヤドのところでも書きますが、産卵のための飼育ケース特大をオカヤド飼育のために空けなければならないことになり(当然、我が家でも嫁の方が力関係が上のため)、やむなく採卵をすることになりました。



初めてのことで、興奮しながらマットを割っていくと、14個の卵が採れました。

中には腐ったような卵もありましたが、概ねみなきれいでした。



また、幼虫も1匹(1齢?)いました。大きな衣装ケースに入れました。

卵が全部孵ればいいのにな!
♂のカブが一匹☆になってしまいました。

3ペアいたカブは今、♂1、♀2になってしまいました。



何か生き物が☆になった時、一番困るのが娘になんて説明するか です。

みなさんはどうしているのでしょう? 「星になって遠いところに行ってしまった」。と言うと、「いつ帰って来るん?」とするどいつっこみが。

動かないことを判らせようと死骸を見せると、「電池換えたら動くん?」と返ってきます。

なんと説明すればいいのやら

生き物を飼う上でこれは避けて通れないとともに、このことを教えたいがために生き物を飼うというところもありますよね。
今日は天神祭りです。
夕方、嫁と娘は、幼稚園の友達と花火を見に行きました。

祭りといえば縁日です。当然娘は花火なんかより縁日のヨーヨーすくいや射的、その他のあてもんが目当てです。

そして、縁日といえば、忘れてはならない 金魚すくい
そうです、今うちにいる2匹の金魚も金魚すくいの金魚なのです。

やはり、2匹の新たな金魚を持って意気揚々と帰って来たのは娘です。
「ま、金魚なら2匹でも4匹でも同じか」てことで我が家にさらに2匹の金魚が増えた祭りの夜でした。
最初のペアのケースの卵が孵化しました。卵かなと思っていると、もぞもぞ動いていたので、嫁と娘を呼んでしばらく見てました。

「もう卵ないん?」という娘の言葉に、ケースの底を見てみると、いくつかの卵らしきものが見えました。



カブト♂が1匹☆になりました。
先日、スーパーでオカヤドなるものが売られていた。カラフルな貝殻を纏ったなかなか愛嬌のあるやつである。
嫁さんが珍しく(元々 大の生き物嫌い)「かわいらしいなあ」とのたまわった。
こちとら既に金魚+ヌマエビ、カブクワと手一杯である。嫁が自分で世話をしないなら無理! ということでその場は終わった。

後日、嫁さんの親が、「オカヤド5匹パックを送ってもらう」との悪魔のような一声。本日めでたく到着いたしましたとさ。しかも、8匹!
サービスなのかはたまた死着したときのためなのか

スーパーでオカヤドを見て以来、HPでそれなりに調べてみたが、どうもかなりの場所を必要とするようだ。いったいどこに置くのだ?
とりあえず、来たものは仕方が無い。 近日中に何とかするということで当分はオカヤド君(さん)に辛抱していただくことにした。
喜び

 最初のペアのケースに卵を発見! 幼虫になるかなあ? どっちの♀が生んだのか?



悲しみ

 最初に仲間入りしたカブ♀が1匹死亡 卵の親か



この時点でカブ♂3匹、♀2匹、ヒラタ♂3匹 となりました。
嫁の親から朝℡あり 「スーパーでカブトペア98円で売ってるが いる?」







 いる!

てことで、またまた1ペア追加

もうケースがないので、急遽飼育ケース小をこちらも追加

このペアには小ケースで産卵に励んでもらうことにする。

ガムパレ!
待望カブ♂
コクワが我が家に来て1週間、コクワと同時に餌ゼリーを50P買った。
しかし、1週間でなくなったのは…たったの2個!
経済的ちゅあー経済的ですが、あまりに変化なく世話のし甲斐もなく
早い話が おもしろくない!
てわけで、近所のショッピングセンターで2ペアゲット しかも カブト
爆産してほしい&ゼリーもたくさん食べてほしい。
♂1匹と♀2匹を飼育ケース特大に、マットを半分ほど入れてセット。
もう1匹の♂はコクワ3匹と一緒に飼育ケース小に同居 だいじょうぶかなあ
実家にいる甥っ子からコクワガタ3匹をもらってきた。
採集場所は30ウン年前カブクワが来るようにと私が庭に植えたクヌギの木。
数年前からカブクワが飛んで来てました。

早速コクワを持って帰り、久方ぶりのカブクワ飼育。

しかし、もらってきたのは全て♂(♂しかいなかった)。とりあえず、去年すずむしを送ってもらった時の小飼育ケースに3匹いっしょにいれました(すずむしは春に水遣りが出来なく全滅)。
新たにコクワ3匹を加え、我が家の同居人は金魚2匹、ヤマトヌマエビ2匹、コクワ3匹となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。