50代に突入したおやじが生き物飼育 笑いあり、泣きあり、失敗ありの飼育日記です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
掘り返し
ついに待ちきれず幼虫ケースをぶちまけ~!
ケース越しに何匹かの幼虫が見えていたので、朝ご飯を食べながら嫁と娘と何匹出てくるか賭けをした。嫁…15匹、娘…18匹、私…10匹 さて??
昨日の夜 マット15Lと前の残りを加湿し、準備万端整っている いざ掘り返すぞ
まず、出てきた幼虫君達を入れておくためバケツに幼虫ケースの上の方のマットを入れてやる。まさか上の方にはいないだろと思っていると、いきなり1匹の幼虫が現れ、あわててスコップを使うのを止め手で娘と一緒にマットを移した。
朽ち木を3本入れてあったので、とりあえずそれを取り除いたところいたるところでマットがうごめいており、娘がまるでモグラ叩きのように「アッチや! コッチや!」と叫んで(自分ではよう触らない)、でかいのからまだ2齢みたいなやつまで総数37匹が出てきた。
賭けは全く成立せず、「多すぎ!」 さっそく嫁は仲介人となって同じマンションの友達のところから引き取り手を捜しにいったのである。
 想定外だったこと①…37匹も幼虫がいるとは! 当然マットの減りも多く、篩い後再利用を予定していたマットが少なかったこと
 想定外だったこと②…とても全部を飼うことができないため近所に配ったが、それにもマットが必要だったこと
 ようするに、マットが足らんかった
ここは幼虫ケースの幼虫に我慢してもらい、後でマットを追加することにしよっと。
37匹のうち前から予約のあった幼稚園の友達に3匹、今日急遽募集したマンションの里親に計7匹 以上10匹の引き取り手はみつかったが、まだ27匹+ペットボトル飼育スーパー産の4匹がいる。あと15匹位は里親に出さないと、過密飼育である。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。